「人間のパフォーマンスの向上」をテーマに、西洋的科学知識と東洋的身体感覚をあわせた探究をつづけている。その独立的探究をもとに、パフォーマンスエンハンスメント・予防医療・リハビリテーション・美容の垣根を曖昧にしながら、即時的または中長期的にからだの調子を補正解放していくトレーニング指導をおこなっている。
スポーツ医科学的に体系化されたメソッド、反射性トレーニング、筋膜組織へのアプローチ、炭酸ガス療法などを利用しつつ人間本来的な動きの理解や運動感覚をベースにしたセッションをおこなう。
クライアントとして、ラグビー元日本代表監督のエディジョーンズ氏や「ミスタールマン」ことレーシングドライバーの寺田陽次朗氏をはじめ、政治家・音楽家・経営者・ダンサー・バレリーナ・医師・料理家・関取など.また脳卒中患者の中長期的なリハビリテーション。
現在は企業やコミュニティを対象としたグループセッションを多く実施。

修士(体育学)、全米スポーツ医学協会パフォーマンス向上スペシャリスト・矯正エクササイズスペシャリスト、テクニカガビランを用いた軟部組織モビライゼーション、中学高等学校教諭専修免許(保健体育)。

「人間のパフォーマンスの向上」をテーマとした独立的探究のルーツは少年時代にある。
98年長野五輪・00年シドニー五輪・02年日韓W杯など、幼い頃からスポーツアスリートの活躍を感じて育った経緯から、トップアスリートとその他選手との違い、運動パフォーマンスの向上やその根拠となるトレーニングメソッドに興味をもった。
修士号(体育学)を取得。自らに実践してきたトレーニング方法はTim S. Groverのジャンプアタックにはじまり、レジスタンストレーニング(ベンチプレス - 1RM 107.5kg / 体重63kg)、ピラティスメソッドレッドコード、バレエ、全米スポーツ医学協会の発行するパフォーマンス向上トレーニングおよび矯正エクササイズ、ムーヴメント機能的ストレングストレーニング古武術聖中心鍛錬術など。
古来よりの食事法や内観にも面白みを感じ、断食法少食法セルフ日本的思想感覚縁起直観無意識神秘主義無努力主義についても実践探究。
また「パフォーマンス」は運動やスポーツに限らずすべてのひとの日常生活と通じていることから、幸福論、健康的生活習慣、専門的職業人のエクササイズ、職業選択、性格的多様性への理解、好き嫌いに関心がある。


"Improvement of Human's Performance" is my principal theme for ages. Based on the research, have been providing individual training and group exercise session since 2012. 
Key words are reactive neuromuscular training, fascia-tissue treatment, CO2 therapy, primitive human's movement pattern, and oriental senses from ancient times. Preventing knee injury (ACL damage), lifelong exercise and conditioning coaching are my professions.
Clients are highly professional persons: Eddie Jones (world-wide rugby coach), Youjiro Terada (racing driver, a.k.a. "Mr. Le Mans"), politicians, musicians, business executives, actors, medical doctors, sumo wrestles, dancers and etc..

Master's degree in Physical Education, National Academy of Sports Medicine Performance Enhancement Specialist / Corrective Exercise Specialist, TECNICA GAVILAN IASTM, and Specialized Teacher's License (Physical Education)

This strong interest in enhancement / improvement of human's performance comes from the experiences when I was a juvenile: Nagano Olympic games - Sydney Olympic games - FIFA World Cup in 2002. The moments that Japanese athletes did well in abroad - soon I was into the differences between elite athletes' performances and the others', and their training methods. 
In the end, I got a master's degree in physical education. And also worked out seriously hard to become a great athlete - I played basketball for 22 years until 2019. I'd been trying out various training methods such as Jump Attack by Tim S. Grover, usual resistance training(bench press 1RM 107.5kg / 63kg body weight), pilates method , ballet, optimal performance training and corrective exercise by NASM, functional movement by Gray Cook, functional strength training by Mike Boyle, martial arts in ancient times, and Hida-way method. 
Recently, it attracts me that not only physical training but diet and mentality / spirituality: Fasting, less meal, inner game, Japanese thought, sense, luck, intuition, buddhist intuition, mysticism, meditation, and effortlessism. 
I say that the term "performance" doesn't only exist in sports field but also in daily lives of all of us. So, I'm now interested in well-being, healthy lifestyle, job selection, understanding of character, and likes / dislikes. They affect performance.